記事リライトでSEOを強化!取り入れるべき5つのポイントを解説!

SEO記事

記事リライトでSEOを強化!取り入れるべき5つのポイントを解説!

「サイト制作して色々な記事を書いているけど、全然記事が上位表示されない」と苦戦している人は多いと思います。今はコンテンツSEOが激戦化していて、なかなか群を抜いて目立つことができなくなっています。少しでも上位表示されるように工夫を続けることは必要ですが、場合によっては記事のリライトを視野に入れる必要もあります。

この記事では、記事のリライトとはどのようなSEO対策のことかを説明します。またリライトする場合に踏まえておくべきポイントも解説します。

1.記事のリライトとは?SEOとの関係を解説!

記事のリライトとは?SEOとの関係を解説!

記事のリライト(Re write)とは、コンテンツを見なおして情報を新しく更新することです。一つの記事には文章や画像などのコンテンツがいろいろ入っていますが、それを編集してより魅力的な内容に仕上げることを意味します。スマホやパソコンのOS、車などもしばしばバージョンアップして魅力や機能を高めることがありますが、同じように記事をバージョンアップさせるイメージです。

記事をリライトすると良い理由には以下のようなものがあります。

記事の質が上がる

リライトする前の記事の質があまり良くないと上位表示はされません。よく言われる点ですが、Googleは良質な記事、つまり検索ユーザーの期待に応えられる記事を優先表示するからです。情報量が少なかったり、やたらと冗長(じょうちょう。無駄が多くて長い事)な表現が続いたり、タイトルと本文の整合性が乏しかったりする記事は良質ではありません。

リライトして、よりユーザーの欲しい情報に特化した文章、分かりやすい文章に直すことで、自然と上位表示へと向かっていくはずです。

情報の刷新になる

情報の正確さは時間の経過とともに変わります。2016年には最新情報だったとしても、2019年には過去の情報となります。仮にあるサイトのタイトルが、「2017年版!SEO対策はまずここから始めろ!」というものだとしたらどうでしょうか。おそらく検索ユーザーは「2017年か。2019年のはないかな?」と別のサイトを探そうとするでしょう。

一方、その記事をリライトして「2019年版!!最新のSEO対策はこれ!」とすれば、そのユーザーはクリックしようと思うはずです。このようにタイトルだけでもリライトの効果が得られますが、本文も刷新することでよりユーザー目線の良質なサイトになります。そうすれば自然と上位表示が狙えるはずです。

2.リライトする時の5つのコツ

リライトする時の5つのコツ

では実際に、記事のリライトをする場合にどんなコツを意識したらよいか?5つのポイントにまとめてみましょう。実際には山ほどポイントがありますが、最低限意識すべき点をご紹介します。

2-1.タイトルの選定

かなり重要なポイントです。どんなに良い記事を書いていても、タイトルがまずいとクリックすらしてもらえないからです。どれだけ味が良い料理を出すお店でも、店の外観が汚かったり、どんな食べ物を出しているかがはっきりしなければ来客数は伸びません。それと同じです。ですからタイトルが、「検索ユーザーの求めているであろう情報に答えを提示していること」が明確に分かるようにリライトするのが重要です。

2-2.導入文や見出し構成

タイトルに惹かれてやってきたネットユーザーは、そのサイトにどんな情報が入っているのかをまず整理したいと思っています。導入文も見出しもなく、小学生の絵日記のようにずらずらと文章が書いてあるだけだとすぐに離れてしまうでしょう。導入文でしっかり結論を出すこと、そしてその記事を読み進めていけばどのような関連情報が得られるかを見出しで明確にすることを意識しましょう。

見出しだけでそのサイト全体のポイントが分かってしまうくらいであれば立派です。

2-3.信頼できるソースを使う

公的機関や専門家の意見、研究機関の論文など、信頼性が高いソースの情報を盛り込むと、その記事への評価は一気にあがります。仮にある友人から、「iOSはアンドロイドOSよりセキュリティが高い」と言われるだけだと、にわかには信じられません。しかし「ドコモの公式サイトで、iOSはアンドロイドよりもセキュリティが高いと書いてあった」と言われれば信ぴょう性はグンと増します。

すべての記事でそのようなソースを確保できるわけではありませんが、可能な範囲で信頼できる情報源を盛り込むとベターです。

2-4. 再インデックスのリクエスト

記事をリライトした場合は、Google側にそのことを伝えて再インデックスをリクエストしましょう。リクエストしなくてもGoogleのクローラーがやがて巡回してきますが、再インデックスが早いに越したことはありません。

2-5.プロの業者に頼む

これはコツというよりもSEO対策における裏技の一つです。SEOの猛者は世界中にあふれています。もし記事を作成している方がSEOのプロというわけでないのなら、素人レベルでいろいろ工夫してもなかなか太刀打ちできません。

そんな時は、プロの記事作成業者にリライトを依頼すると手間や時間の面で有利です。プロが第三者視点でリライトすることで記事の「欠点」が明確になりますし、何よりも記事のリライト以外のSEOテクニックを総合的に駆使してくれます。

3 .まとめ

記事のリライトはSEO対策の重要ファクターです。タイトルや見出し、情報のソースなどを全く考えずに記事を量産したり文字数を増やしても効果は見込めません。一度リライトして記事の質を改善する必要があります。

SEO対策はGoogle内部の人間でも完全に把握するのは難しいとされています。ですから記事のリライトを含め、常に検索結果に関係するアルゴリズムを意識しなければなりません。もし記事作成やリライトのノウハウが不足していると感じるなら、迷わず記事作成代行業者などのSEOエキスパートにサポートを依頼することをおすすめします。

ピックアップ記事

  1. SEOに強い記事の書き方を解説!最低限抑えたい5つのコツ
  2. 記事制作はキーワードが命!SEOで良質キーワードを選定する方法

関連記事

  1. 記事数とSEOは関係あり!良質な記事を増やして集客力を上げよう

    SEO記事

    記事数とSEOは関係あり!良質な記事を増やして集客力を上げよう

    SEO対策に関連するファクターは数百あると言われています。そのうち有…

  2. SEOに強い記事の書き方を解説!最低限抑えたい5つのコツ

    SEO記事

    SEOに強い記事の書き方を解説!最低限抑えたい5つのコツ

    SEOを意識した記事作成は今やネット世界では常識です。ブログを書くに…

  3. その記事タイトルはダメ!?SEOを考えるならまずタイトルを考えるべき

    SEO記事

    その記事タイトルはダメ!?SEOを考えるならまずタイトルを考えるべき

    サイトコンテンツを作る時に意識すべき点は何でしょうか?文字数…

  4. 記事の更新はSEOに必須!

    SEO記事

    記事の更新はSEOに必須!更新が重要な理由とポイント

    コンテンツSEOにおいて良質な記事を制作することは非常に重要ですが、…

  5. SEO対策は記事構成から始めよう!

    SEO記事

    SEO対策は記事構成から始めよう!良質な記事に共通するポイント

    SEO対策で重要な要素の一つはコンテンツSEOです。コンテンツSEO…

  6. 記事制作はキーワードが命!SEOで良質キーワードを選定

    SEO記事

    記事制作はキーワードが命!SEOで良質キーワードを選定する方法

    SEO対策を効果的に行うために多くの人がいろいろ試行錯誤していますが…

おすすめ記事

  1. 記事制作はキーワードが命!SEOで良質キーワードを選定
  2. SEOに強い記事の書き方を解説!最低限抑えたい5つのコツ
  3. その記事タイトルはダメ!?SEOを考えるならまずタイトルを考えるべき
  4. SEO対策のコツは記事の文字数にあった!文字数調整でPVをアップ!
  1. 記事統合でSEO対策!

    SEO記事

    記事統合でSEO対策!重複・類似コンテンツがある場合の対処法とは
  2. 【SEOに有効】記事の目次を作る

    SEO記事

    【SEOに有効】記事の目次を作る時の3つのポイントを公開!
  3. SEO対策は記事構成から始めよう!

    SEO記事

    SEO対策は記事構成から始めよう!良質な記事に共通するポイント
  4. その記事タイトルはダメ!?SEOを考えるならまずタイトルを考えるべき

    SEO記事

    その記事タイトルはダメ!?SEOを考えるならまずタイトルを考えるべき
  5. 記事制作はキーワードが命!SEOで良質キーワードを選定

    SEO記事

    記事制作はキーワードが命!SEOで良質キーワードを選定する方法
PAGE TOP